まねきのこ

猫白血病の 「のこ」 との毎日

看取る。 

2017/10/08
Sun. 18:59

のこ、そろそろ準備を始めているみたいです。

自然にという考え方が良いのかどうかは未だにわかりませんが、

結論から言うと、もう出来ることが無くなってしまった。

ネットのおかげで色々な方の育て方や考え方、対処法や薬やフードの情報など

たくさんの情報を得られたことに感謝します。

また、お世話になった獣医の方にも感謝です。

獣医さんにも色々な考え方、やり方がありますし、病院嫌いなのこですが、

1度も病院のお世話にならなかったとしたら、今生きてはいないでしょう。



我が家にとって、猫とともに生活したのは2回。

最初の子は、息子が小学5年生くらいの時に、家に勝手に入ってくる

野良猫を息子がどうしても飼いたいというのがきっかけで、飼うことになりました。

いくつだったのかわかりませんが、外に出たり家で過ごしたり、人間も猫もお互いに

適当な生活を1年ほど過ごしたある日、外に出かけたまま帰ってきませんでした。

また猫を飼いたいという息子に対し、猫とのご縁があったら

また飼おうなと。猫はお金で買うものじゃないよと。



その3年後くらいでしょうか。

のこが我が家にやってきました。

こんなにかわいい子が、なにかのご縁でやってきてくれたのだと思うと、

未だに不思議で不思議で。

猫白血病、ましてや母子感染。

3歳までにほぼ亡くなってしまう確率。

こちらの心配などはつゆ知らず、

そんな事、あたしには関係無いよと言わんばかりに

ぶっとく生きてきました。



思いを語れば尽きませんが、

今、私たち家族に出来ることは、看取る覚悟を決めること。

我が家は今まで動物を看取った経験がありません。

看取る覚悟とは何ぞやと自問自答し、妻と話し合い、

一方的ではありますが(笑)、昨晩はのことも話しました。



猫というより、のこ。

私も妻も息子も共通して思う事なんですが、

のこ、そういう子なんです。

かけがえのない家族ですから、しっかり看取りたい。

具体的な看取り方なんかはわからないけど、

のことの絆があるから大丈夫だと。



のこのことだから、奇跡の大復活するんじゃないかとの

勝手な思いもありますが、私たちの事は気にせず、

心配せず、自分の好きなようにしてほしい。

もしその時が来たなら、安心してゆっくり休みなさい。












先週末。体はだいぶ辛そうだったが、まだ自分で外を見る事が出来た。

ご飯はすでにほぼ食べない。





_MG_4364.jpg

昨日。ストーブを焚いてやると自分で移動して寝る。暖かくて心地良さそう。

寒いところを探してそこで過ごすという行動が1週間ほどあったが、

今は暖かいところのほうが心地よいみたいだ。






_MG_4372.jpg

今朝。水を飲んだまま寝る。こたつを茶の間に移動して寝床を作るも、もう入らなくなった。

他にも低いところに水を用意しているのだが、頑なにテーブルの上の定位置で水を飲む。

テーブルに上るのも辛いだろうに。食べれなくても自力で水を飲む。

そこは曲げないのが、のこらしい。







_MG_4406.jpg

今。茶の間で寝ている。

ここ一週間で、ほぼ動けなくなったし、もう食べれない。

ずっと茶の間で過ごしている。

のこ、ゆっくり休んで。









コメント頂いた皆様、ありがとうございます。

大変申し訳ございませんが、コメントの返信、お休みさせて頂きたく、

ご理解とご了承のほど、よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ

いつもご覧頂き
ありがとうございます。

関連記事

[edit]

CM: 10
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

のこちゃんやご家族に穏やかな時間でありますように。

taketsuma #- | URL | 2017/10/08 19:57 * edit *

看取る、、、私は子供の時から多くの猫と暮らしてきましたが、実家では室内飼いではなかったので看取る事は一度もなかったです。
結婚後は19歳半の娘のように思ってた子は看取れました。 初めてお漏らしした時、近い、と感じ一晩中起きて添い寝、翌朝息絶えました。 苦しませたくはなかったけど、やはり何度も発作を繰り返しました。 でも意識は薄かったかもしれません。 
弟猫は18歳でしたが仕事から帰ったらクローゼットの中で亡くなってました。 看取れた方と看取れなかった方、どっちが心残りかというと、看取れなかった方です。 苦しむ姿を見るのは辛いですが、やはり側で見守って声掛けて…ってしてあげたかったです。

長くなってすみません、ブログで知ったのこちゃんですが、正直まだまだのこちゃんと別れたくないです…我が儘とは思いますが…
でものこちゃん、良いご家族と出会えてほんと良かったね。 
猫の神様、どうか幸せな時間をもう少し延ばしてあげて下さい。


レイン #- | URL | 2017/10/08 21:17 * edit *

ありがとう、のこちゃん。

toki #- | URL | 2017/10/08 22:34 * edit *

のこちゃんとご家族の自由と安息と幸福を心からお祈りしています。

デンコ #mQop/nM. | URL | 2017/10/08 22:38 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2017/10/09 00:28 * edit *

看取るんだとかくごした時、色々な事を考えました。逝き方、逝く時。でも私は信じています。のこちゃんはのこちゃんらしくその時を迎える事を。
奇跡を心から願いつつ、辛いであろう今も穏やかに日々を過ごされる事を祈っています。私からもパワーを送ります‼︎

コロ #- | URL | 2017/10/09 00:39 * edit *

母子感染の白血病で3歳までに亡くなる可能性を華麗にスルーして今まで過ごせたのは一貫してのこちゃんのペースでストレスなく暮らすという、父さん母さんの教育方針の賜物だと思います。のこちゃんが出来るだけ穏やかに過ごせるようにお祈りします。言いたい事はたくさんあるのに、まとまらない…ごめんなさい😢

もずくかーちゃん #- | URL | 2017/10/09 09:42 * edit *

また見にきてしまいました。のこちゃんの写真載せてくださりありがとうございます。
初めて見た時からのこちゃんは本当に可愛くて。
穏やかな時間が続くこと祈っています。のこちゃんがつらくないように祈っています。

ちび子 #- | URL | 2017/10/09 13:54 * edit *

のこちゃん・・・

ずっとずっとのこちゃんが好きです。

白血病発症から心配していましたが、
下降という現状、
ご家族の皆様の愛情をたくさん受けて、
1分1秒でも長く、
この世で穏やかな時間を過ごせますよう、
心より祈っています。



やまと #- | URL | 2017/10/12 11:18 * edit *

私、のこちゃんに出逢えてよかった。
可愛いのこちゃん大好きです。

econe #- | URL | 2017/10/12 12:25 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://nokohagenki.blog134.fc2.com/tb.php/385-850abde2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10