まねきのこ

猫白血病の 「のこ」 との毎日

jerryさんへ。 

2014/10/21
Tue. 20:48




コメント頂いている皆様、いつもありがとうございます。

いつもありがたく読ませて頂いております。

お返事せずに申し訳ありませんが、そこらへんは

どうか、ご理解とご了承を。



jerryさん、はじめまして。

同じ猫白血病キャリアの飼い主として、心配な気持ちわかります。

なにも参考にならないブログですが、ご覧頂いているようで恐縮です。

遅くなりましたが、ワクチンの件です。

単刀直入に言いますと、今は打っていません。

のこが我が家に来てすぐに、3種ワクチン打ちました。生後2ヶ月くらいだったかな。

その後、月齢約8ヶ月で避妊手術をした時に猫白血病とわかったのですが、

たしか、その後も1・2回くらい3種ワクチンを打ったような気がします。

記憶が曖昧で申し訳ないのですが、たぶん2~3歳くらいからは一切ワクチンを

打っていません。(過去に打ったのは全て3種ワクチンです。)

猫白血病予防の入ったワクチンは4種からでしたか?

これも考えたことありますが、副作用とかも出るみたいだし

すでに猫白血病ですので、打ったことありません。

勉強不足なため、ワクチンのことはこの程度しかわからず、

役立たずで申し訳ありません。



ウチののこは、生後約2ヶ月くらいで我が家に来てから、完全室内飼いで

人間3人と、のこ一匹で生活してきました。

ですから、のこはたぶん、持続感染猫(子猫が生まれる前に感染している母猫の体内で感染する

(流産、死産することが多い。:垂直感染)の可能性が高いと思われます。

なので、のこの好きなように生きてもらってます。

のこが好きな事をさせるように、のこが嫌がることはしないように。

夏は涼しく過ごせるように、冬は暖かく過ごせるように。

あくまでも自然に、出来る限りのことをするよう心掛けてます。


本当に参考にならないと思いますが、またなにかあったら聞いて下さいね。

jerryさん家の猫ちゃんが、元気で長生きすることを願ってます。



人気ブログランキングへにほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ

いつもご覧頂き
ありがとうございます。
関連記事

[edit]

CM: 1
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

お忙しい中、お返事ありがとうございます。

のこパパさんこんばんは^^

うちの猫(じぇりーといいます)も生後約二ヶ月で保護しました。
うちには先住犬が一匹いてそのこがとても怖がりでなかなかうまくいかず
新しい飼い主さんをみつけて里親にだすことにしていました。
ワクチンを打ってから渡そうとワクチンを打ってもらったのですが、
白血病予防のワクチンが入った6種を打たれました。
その後に喉のリンパが腫れて、心配だったので
病院を替えて検査してもらったところ猫白血病だとわかりました。
白血病の猫に白血病のワクチンを打ってはいけなかったみたいで、そのせいもあると思うのですが、そこから急性期の症状が出はじめてとても苦しみました・・・
去年の今頃は、無知とはいえ、私が保護しなければこの子はこんなに苦しむことなく、急性期など迎えずに元気に暮らせていたんではないかと自分を責めてばかりの毎日でした。
数々の治療をうけ、じぇりはー頑張ってくれました。
なんとか急性期を脱出できていまは、元気に暮らしています。いまでは保護したこと心から良かったと思っています。


里親にだすのはやめてうちの子にしました。
わんこがどうしてもこわがりで近くに行くとガウガウ行ってしまいますが(じぇりーは、わんこが気になって遊びたくて近寄るのですが、足を噛んでしまうのでわんこがとってもこわがります)距離をとりながらくらしています。

なので、のこちゃんのようにストレスフリーの生活をさせてあげられたらいいのですが、難しいです。


できるだけストレスがかからないように、病気に負けず、長生きして欲しいと思っています。

のこちゃんブログとても励みになります。
これからものこちゃんの元気な姿楽しみにしています。
ありがとうございました。これからよろしくお願いします。

jerry #- | URL | 2014/10/25 22:35 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://nokohagenki.blog134.fc2.com/tb.php/351-6e97c075
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-05