まねきのこ

猫白血病の 「のこ」 との毎日

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

猫白血病ウイルス(FeLV)感染症の感染原因。 

2010/06/10
Thu. 22:27

猫白血病ウイルス(FeLV)感染症 について、頭の悪いオレなりに色々と調べた結果を

のことの症状と共に簡単にまとめておこうと思う。




1. 猫白血病ウイルス(FeLV)感染症とは

 ・猫白血病ウイルス(FeLV)感染症は、猫白血病ウイルス(Feline Leukemia Virus:FeLV)
  の感染によって引き起こされる病気らしい。
  白血病と聞くと、人間の白血病がすぐに頭をよぎるが猫にもあるらしい。
  で、猫白血病ウイルス(FeLV)感染症になるとどうなるかっていうと、要は
  様々な病気を起こしやすくなる。
  例えば、リンパ腫(がん)等の腫瘍性疾患や、口内炎・皮膚炎・鼻炎・下痢といった様々な
  症状が見られるようになり、結局はかなり高い確率で死に至るケースが多い。
  ただし、自然治療をし天寿を全うする猫もいる。(←これ重要。)
  人間でいうと、リンパ腫(がん)なんかで死んでしまうのはしょうがないことだと思うが、
  口内炎なんかで死ぬ訳はないと思ってしまう。
  が、なんせ猫白血病ウイルス(FeLV)感染症をもってしまってるもんだから、
  たかが口内炎でも免疫力が無いために、そこから死んでしまうこともあるらしい。
  要は、猫白血病ウイルス(FeLV)感染症は恐ろしい。
  もし自分の愛猫が感染しているとわかったら、寿命は短いもんだと覚悟を決めとくのが自分の為だと思う。



2. 猫白血病ウイルス(FeLV)感染症の感染原因

  猫白血病ウイルス(Feline Leukemia Virus:FeLV)に感染することによって発症する。
  原因は以下のとおり。
  
  ・感染猫とのケンカ
  ・感染猫との食器の共有
  ・感染猫とのトイレの共有
  ・子猫が生まれる前に感染している母猫の体内で感染する(流産、死産することが多い。:垂直感染)
  ・感染している母猫の母乳や母猫から舐められる行為からの感染。

  大きな原因としてはだいたい上記のようなケースがほとんどなのではないだろうか。


  FeLV感染症は、生後間もなくウイルス感染すれば、ほぼ100%の致死率だが、離乳期(一か月から一か月半)なら治癒の確率は50%、さらに四か月齢を超える猫の場合、その90%が治癒するといわれる。発症一か月ほど前に、母子感染や室内外での感染猫との接触などが疑われるなら、わずかの体調の変化を見逃さず、動物病院でウイルス検査をしてもらうこと。陽性反応が出ても、すみやかに適切な治療を行えば、助かる可能性が高いだろう。

  ↑ こういう話もある。
  
  我が家ののこの場合、動物病院の先生からは垂直感染ではないかと言われた。
  生後1ヶ月~2ヶ月くらいで我が家へ来て、その後ずっとのこだけで完全室内飼いを
  している我が家にとっては、上記・の下から2つの原因しか考えられない。
  そうすると、最高良くて50%の治癒率。
  オレ的にはハッキリ言って50%の治癒率があるとは思っていない。
  だいたい治癒の確率は50%とは、どういう意味かがわからない。
  仮に20年生きると確定している猫がいるとする。
  その中で、猫白血病ウイルス(FeLV)感染症に感染している猫の治癒する確率が50%なんなら、
  10年生きられる確率が50%ということなのか?
  だいたい、猫の平均寿命はいくつくらいなのだろうか。
  パーセンテージの話になるのなら、平均寿命ありきでないと納得がいかない。
  しかし、おそらく上記の話はそういう論点での話ではないと思うし、
  専門の先生がおっしゃる、ごもっともな話であろう。
  ただ、飼い主の気持ちは「あとどれくらい生きられるのか?」
  これが一番重要なポイントだと思う。
  ネットを通じて色々な情報が手に入る便利な世の中になったというメリットはあるが、
  逆に、色々な情報がありすぎてなにがなんだかわからなくなるというデメリットもあるのではと思う。
  猫白血病ウイルス(FeLV)感染症の猫は、だいたい2歳から3歳程度で亡くなる確率が一番高いとか、
  発症しないまま天寿を全うする子も居るだとか、そんな話を持ち出せばキリがない。
  なんせ、オレの気持ちは、のこには元気で長生きして欲しい。ただそれだけ。
  長生きしてもらう為にオレに出来る事はなんだろうか。
  また次回の記事に書こうと思う。
  なんせ、今日も元気に生きているのこにありがとうと言いたい。

DSCF1294.jpg
平成21年7月24日、我が家へ来て2日目。
こんなに小さいからだなのに、この時すでに猫白血病ウイルス(FeLV)感染症に感染していたのだろう。



人気ブログランキングへにほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ

貧しいのこへ清潔で上質なカリカリを。
1クリック for 1カリカリ プログラム実施中。
関連記事

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

こんばんわ^^
さっきからコメントを一生懸命打ってるんですが 既に3回も消えてしまいましたヽ(τωヽ)ノ
のこちゃんの為に 凄く詳しく調べられてるのですね^^
尊敬してしまいます。
猫ちゃんの平均寿命は12歳~15歳というふうに動物病院の先生に聞いた事があります。去年聞いた事なので
あんまり参考にはならないですね・・・すみません(´ヘ`;)
のこちゃんの写真を見ると 家族の方に愛されてるんだなって
ほのぼのしてます。のこちゃんには長生きしてほしいと私も思います(家族でもないのに図々しくてすみません)。

めぐ #- | URL | 2010/06/11 21:45 * edit *

Re: タイトルなし

めぐさん、こんばんわ。
オレも何回か記事が消えてしまったことがあります。
疲れますよね(笑)
詳しく調べてるというか…はっきり言って適当です。。。
オレは平均寿命すら知らないのですから、めぐさんに感謝です。
大変参考になりますよ。ありがとうございます。
のこが長生きするよう思って下さって本当ありがとうございます!
頑張ります!

のこ父 #- | URL | 2010/06/11 22:12 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://nokohagenki.blog134.fc2.com/tb.php/31-74543c5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。