まねきのこ

猫白血病の 「のこ」 との毎日

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

実家の愛猫クー、逝く。 

2010/06/05
Sat. 19:21

クーちゃん



オレの実家の愛猫クー(男の子)が、6月4日深夜、逝ってしまいました。

昨夜は家族みんなでクーに最後のお別れをしに実家に行って来ました。

クーは猫エイズで、年齢は元野良のため定かではないのだが、

実家で過ごした時間は10年と6ヶ月。

オレはクーが実家に来たときにはすでに実家を出ていたため

そんなに一緒にすごしてはいないのだが、父と母と妹にとっては

家族同然の存在でした。

特に父の事が大好きだったクーは、父に抱っこされながら

安らかに最後を迎えたそうです。

昨夜は父も母も泣いていました。

クーの猫生はきっと幸せだったと思います。

クー、ゆっくり休んでくれな。

そして、またどこかで逢おうね。



人気ブログランキングへにほんブログ村 猫ブログへ 
 
貧しいのこへ清潔で上質なカリカリを。
1クリック for 1カリカリ プログラム実施中。
関連記事

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

あたたかいコメントありがとうございます^^
本当に猫の病気は沢山ありますよね・・・
ご実家のクーちゃん大好きな お父様に抱かれ安らかに
逝けてよかったですよね。家族が苦しむ姿は本当に辛くて
その姿を忘れる事が出来ないから・・・
私は今だに脳裏に焼きついてしまってて思い出すと涙がでます・・・
10年6ヶ月大切にされてクーちゃんは幸せだったと思います
ご冥福をお祈りします

めぐ #- | URL | 2010/06/06 00:42 * edit *

Re: タイトルなし

めぐさん、ありがとうございます。
クーもありがとうと言っているはずです。
愛猫の死というのは本当に辛い事と思います。
人間はそれを乗り越えていかなければならないのですよね。

のこ父 #- | URL | 2010/06/06 15:25 * edit *

はじめまして。
私も、家の庭で弱っていた子猫を約5年飼いました。
猫エイズで2年前に天国へ行ってしまいました。
助けてあげられなくてごめんという気持ちで
一時期ずっと涙が止まらなかったんですが
ノラ猫のまま一人ぼっちで死ぬよりはよかったのかな?と
今ではいいように考えるようにしています。
クーちゃんも、家族に見守られて幸せだったと思います(^_^)
ご冥福をお祈りします。

nana #- | URL | 2010/06/06 23:42 * edit *

びっくりしました。
クーちゃん、家のニャン太郎とそっくりなのです。
体は見えなくなっても気持ちは残ると思います。
しかも気持ちは永遠ですよね。
お父様とお母様、妹さんがクーちゃんへの思いはずっと彼に伝わっていると思います。
私もニャン太郎の体を触れなくなって8ヶ月、はじめは悲しいばかりでしたが今はその気持ちが少しずつ変化しているように感じます。

初めましてなのにいっぱい書いちゃってすみません。
おまけに仕事中、思いっきりさぼっています。

まつぼっくり #- | URL | 2010/06/07 11:14 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://nokohagenki.blog134.fc2.com/tb.php/16-2eee2189
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。