まねきのこ

猫白血病の 「のこ」 との毎日

猫白血病ウイルス(FeLV)について。(1) 

2010/06/03
Thu. 22:23

DSCF2393.jpg
手術当日の朝。のこの「行きたくない」という感じがはっきりとわかった。


のこが猫白血病ウイルスに感染している事が分かったのは、今年の2月初め、月齢約8ヶ月の事である。

色々な思いから、のこの避妊手術を頑なに拒んできたオレもとうとうまわりの意見に従うべきと、

鳩山さんじゃないけど、それこそ断腸の思いで避妊手術をすることに意を決した。

北海道のクソ田舎に住んでる我が家なのだが、幸いウチの近所に動物病院がある。

のこが我が家へやってきた日にも、そこの動物病院に連れて行って、耳のダニやら

虫下しの薬やらをもらってお世話になった。

その後も三種ワクチンやらでお世話になっていた。

手術をすると決めたはいいが、田舎の動物病院ということと、オレはもともと

避妊手術反対だったということもあって、手術は本当に危険じゃないのか…

手術にあたりなにか検査等が必要ないのかどうかものすごく心配になってきて、

とりあえずネットでひたすら調べてみたのだ。

するとなにやら手術するには事前の検査が必要だとか、こんな場合は手術はダメだとか、

なんだか小難しいことがどんどん出てくるもんで、半ば嫌気が差してきた。

やっぱり手術なんかしなくてもいいんでないのか?と思ったが、

のこの為には避妊手術をしておいたほうがいいと言う意見がほとんどだったし

すでに手術の予約は入れてしまってたもんで、

手術当日、せめて血液検査だけはしてくれと母ちゃんに頼んだ。

お蔭様で手術は無事成功。

だけど少し腑に落ちない点が残った。



人気ブログランキングへにほんブログ村 猫ブログへ 
 
貧しいのこへ清潔で上質なカリカリを。
1クリック for 1カリカリ プログラム実施中。
関連記事

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

こんばんわ^^
避妊手術に関しては う~ん どうなんでしょう・・・うちにも猫が居てたんだけど 近所の人が捨てて行った猫で一緒に住む時にはもう おばぁちゃん達(2匹)で避妊の必要性がなくなってました^^;
約10年間一緒に過ごして去年22歳&24歳で旅立ちました。。。
他にも1匹居てたのですが白血病でした・・・ すみません思わず私情を書いてしまいました・・・とても他人事とは思えなくて。。。

めぐ #- | URL | 2010/06/03 23:35 * edit *

Re: タイトルなし

めぐさん、こんばんは。
そうでしたか。なんと言っていいのか…
22歳&24歳とは、とても長寿ですし
めぐさんに愛され、きっと幸せな猫生だったと思います。
ご冥福をお祈りいたします。
白血病の猫ちゃんのその後は…
もし良ければ私情でもなんでもどんどん書いてくださいね。
なにも気にすることはありません。
オレも他人事とは思えませんので。
いつもお越し頂きありがとうございます。

のこ父 #- | URL | 2010/06/04 19:28 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://nokohagenki.blog134.fc2.com/tb.php/12-c92a1a77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10