まねきのこ

猫白血病の 「のこ」 との8年3ヶ月

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

ありがとう。 

2017/12/31
Sun. 13:56

すっかりご無沙汰してしまい、大変申し訳ありません。

この度は、のこと私共にたくさんのあたたかいコメントを頂きまして、本当にありがとうございました。

皆さんのコメントにどれだけ救われたことか計り知れません。

読む度に涙が止まらないため、夜中に一人でこっそりと読ませて頂いてました(笑)

お礼がだいぶ遅くなったこと、どうかお許し下さい。



IMG_9655.jpg



IMG_6983.jpg



IMG_6804.jpg



さて、のこが亡くなって2ヶ月半ほど経ちましたが、

ようやく気持ちが落ち着いてきたのかなあという感じです。

四十九日を過ぎるまでは、正直辛かった。

何をしてても無気力、のこの事ばかり考えちゃって、何も楽しくないし、美味しくないし

欲しいものもないし、どこにも行きたくないし。

仕事の時だけはのこの事を忘れて真面目にやっていたつもりですが、

一人で車を運転してたら自然と涙がこぼれたり。

いい年こいたオッサンが何やってんだかなと自分でも思いますが、

今回だけはどうしようもできませんでした。



IMG_4395.jpg



IMG_3507.jpg



IMG_1690.jpg



私は、のこを看取り、命の尊さというものを初めて知ったのかもしれません。

生後1・2ヶ月だったのこが人間の私たちと共に暮らし、その生涯を終えました。

のことの8年3ヶ月は、とても幸せな時間だった。

のこにしてみれば、生涯私達だけとしか接しず家の中だけで生活した訳ですが、

この生活でのこも幸せだったなら私たち家族も嬉しい。

白血病に対してなんの手助けもしてあげられなかったけど、

愛情だけはこれでもかというほどたっぷりと注いだつもりです。



IMG_1135.jpg



IMG_0870.jpg



※IMG_8391



この子はなにか持っている特別な子だ。

きっと、白血病を発症しないまま寿命を迎えるまで生きる。

たとえ発症したって、のこの事だから何か奇跡を起こすかも。

そう思っていました。

でも病気には勝てなかった。



_MG_8597.jpg



_MG_8380.jpg



_MG_6452.jpg



静かに息を引き取ったと書きましたが、

それは本当の最後の時の事です。

のこは19時間ほど発作と戦いました。

私たちは今、地獄に居るのだろうかと思うほどの辛い時間であるとともに、

のこの命と向き合う、二度と訪れない貴重な時間でもありました。

前日の夜から始まった発作は朝を迎えても終わらず、

どうしても仕事に行かなければならない私たちは

人でなしだなと、妻と話したのを覚えてます。

今の、この気持ちが、心が引き裂さかれそうな思いってやつなんだなと痛感しました。

妻は何とか午前中で仕事を早退させてもらい、急いで家に帰ると

のこは両手両足を大の字に広げ、顔は真っすぐ床に突っ伏し倒れていたそう。

間に合わなかったと思い抱き寄せると、まだ息をしていたと。

その後は発作を起こすこともなく、静かに口で呼吸をしながら

最後の時を迎えました。

私が家に着いて30分後の事でした。



_MG_5523.jpg



_MG_5428.jpg



_MG_3931.jpg



このブログは一応、闘病生活というカテゴリでやってきた訳ですから、

本来はもっと為になるような情報をお届けできたら良かったのかもしれません。

私も最初はブログやネットの情報に大変助けられました。

特にブログに関しては、リアルな生の情報が得られる訳で、

病気と闘っている猫ちゃんや飼い主さんの気持ち、

病気に関する情報、対処療法や予防等々を読ませて頂き、

本当に救われました。

その反面、皆さんが一生懸命病気と向き合い闘う姿や

残念ながら亡くなってしまう猫ちゃんを見るのが辛く、

のこの病気に対して自然に行こうと決めた私にとっては、

これ以上自分に情報を取り入れると、自分の気持ちがブレちゃったり

無駄に神経質になっちゃったりして、逆にのこに余計なストレスを

与えてしまう生活になるような気がして。

だから、何もしないで自然に行こうと決めたときから

あまり情報を取り入れないようにしました。



_MG_2632.jpg



_MG_2406.jpg



_MG_2124.jpg



このブログを見て頂いた皆さま、コメント頂いた皆さま、

せっかくコメント頂いてるのに返信もせず、

こちらからブログに訪問することもなく、

大変失礼なこととは重々承知のうえ今日に至りました。

どうかお許しください。

そして、本当にありがとう。

ほぼ月一更新で内容の乏しいブログでしたが、

自分の中では月別アーカイブが増えていくことが楽しみでした。

のこが生きた証となるのでね。

のこが1歳の時に始めたもんだから、本当は1年分長くなるのだけど、

今見返すと、結構長いじゃないですか(笑)

嬉しいです。



_MG_1871.jpg



_MG_1125.jpg



_MG_0126.jpg



最後に


看取りを経験された先輩方、今まで本当にありがとうございました。

皆さんの経験からくる言葉は説得力と温かさに溢れ、愛情とはこういうことなんだと

教えてくれました。

私もいよいよ仲間入りです。

今後ともどうぞよろしくお願いします。


そして、猫白血病キャリアの飼い主の皆さん、今まで本当にありがとうございました。

なんのアドバイスも出来ませんが、のこは8歳4ヶ月生きました。

どうか、一日一日を大切に、その一分一秒を楽しく幸せに。

きっと、その時間は続くはずです。

少しでも長く猫ちゃんとの幸せな時間が続くよう願っています。






ブログは閉鎖せず、気が向いたら更新しようかなと思っていますので、

今後ともよろしくお願いします。

それでは皆さん、猫ちゃん、良いお年を。


※IMG_2903





人気ブログランキングへにほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ

いつもご覧頂き
ありがとうございます。


スポンサーサイト

[edit]

CM: 11
TB: 0

page top

永眠。 

2017/10/16
Mon. 20:16



平成29年10月12日  午後2時5分

のこ

静かに息を引き取りました

夫婦で看取れたこと

感謝します





昨日、無事に火葬を終え、今は自宅に居ます





このブログを通じ、のこの事を知って頂いた皆様に

心より感謝申し上げます。





取り急ぎご連絡まで。








のこ遺影

妻が選んだ遺影





人気ブログランキングへにほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ

いつもご覧頂き
ありがとうございます。

[edit]

CM: 13
TB: 0

page top

看取る。 

2017/10/08
Sun. 18:59

のこ、そろそろ準備を始めているみたいです。

自然にという考え方が良いのかどうかは未だにわかりませんが、

結論から言うと、もう出来ることが無くなってしまった。

ネットのおかげで色々な方の育て方や考え方、対処法や薬やフードの情報など

たくさんの情報を得られたことに感謝します。

また、お世話になった獣医の方にも感謝です。

獣医さんにも色々な考え方、やり方がありますし、病院嫌いなのこですが、

1度も病院のお世話にならなかったとしたら、今生きてはいないでしょう。



我が家にとって、猫とともに生活したのは2回。

最初の子は、息子が小学5年生くらいの時に、家に勝手に入ってくる

野良猫を息子がどうしても飼いたいというのがきっかけで、飼うことになりました。

いくつだったのかわかりませんが、外に出たり家で過ごしたり、人間も猫もお互いに

適当な生活を1年ほど過ごしたある日、外に出かけたまま帰ってきませんでした。

また猫を飼いたいという息子に対し、猫とのご縁があったら

また飼おうなと。猫はお金で買うものじゃないよと。



その3年後くらいでしょうか。

のこが我が家にやってきました。

こんなにかわいい子が、なにかのご縁でやってきてくれたのだと思うと、

未だに不思議で不思議で。

猫白血病、ましてや母子感染。

3歳までにほぼ亡くなってしまう確率。

こちらの心配などはつゆ知らず、

そんな事、あたしには関係無いよと言わんばかりに

ぶっとく生きてきました。



思いを語れば尽きませんが、

今、私たち家族に出来ることは、看取る覚悟を決めること。

我が家は今まで動物を看取った経験がありません。

看取る覚悟とは何ぞやと自問自答し、妻と話し合い、

一方的ではありますが(笑)、昨晩はのことも話しました。



猫というより、のこ。

私も妻も息子も共通して思う事なんですが、

のこ、そういう子なんです。

かけがえのない家族ですから、しっかり看取りたい。

具体的な看取り方なんかはわからないけど、

のことの絆があるから大丈夫だと。



のこのことだから、奇跡の大復活するんじゃないかとの

勝手な思いもありますが、私たちの事は気にせず、

心配せず、自分の好きなようにしてほしい。

もしその時が来たなら、安心してゆっくり休みなさい。












先週末。体はだいぶ辛そうだったが、まだ自分で外を見る事が出来た。

ご飯はすでにほぼ食べない。





_MG_4364.jpg

昨日。ストーブを焚いてやると自分で移動して寝る。暖かくて心地良さそう。

寒いところを探してそこで過ごすという行動が1週間ほどあったが、

今は暖かいところのほうが心地よいみたいだ。






_MG_4372.jpg

今朝。水を飲んだまま寝る。こたつを茶の間に移動して寝床を作るも、もう入らなくなった。

他にも低いところに水を用意しているのだが、頑なにテーブルの上の定位置で水を飲む。

テーブルに上るのも辛いだろうに。食べれなくても自力で水を飲む。

そこは曲げないのが、のこらしい。







_MG_4406.jpg

今。茶の間で寝ている。

ここ一週間で、ほぼ動けなくなったし、もう食べれない。

ずっと茶の間で過ごしている。

のこ、ゆっくり休んで。









コメント頂いた皆様、ありがとうございます。

大変申し訳ございませんが、コメントの返信、お休みさせて頂きたく、

ご理解とご了承のほど、よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ

いつもご覧頂き
ありがとうございます。

[edit]

CM: 10
TB: 0

page top

2018-06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。